株式会社ひびき採用サイト

INTERVIEW

先輩の声

志望動機・入社のきっかけ

私は以前総合病院に勤めており、主に整形疾患や脳神経疾患の急性期から回復期のリハビリテーションに関わってきました。
しかし病院内でのリハビリテーションは退院後の生活を想定して行う事がほとんどで、実際に退院後はどう生活されているのか等、在宅生活への興味や疑問を常に持っていました。そのため転職するなら訪問リハビリやデイサービスなどの生活期のリハビリテーション分野に関わっていきたいと思いがあり、「ひびき」に入社する第1の動機となりました。
また前職場で1人目の子どもを出産・育児を経験する中で、仕事と育児の両立が難しくなり、正社員からパート社員へと勤務形態を変えたいと思っていたところ、私の希望に柔軟に対応して頂けた事も大きかったです。

仕事でのやりがいを教えてください

病院内でのリハビリは在宅生活を想定して行うだけで、退院後に想定通りの動作が行えているかは、現在のデイサービスでのリハビリは確認できないまま終了することがほとんどでした。
現在のデイサービスでのリハビリは、実施した内容が在宅で行えているかが、実生活の中で確認する事が出来ます。
また利用者様やご家族と一緒に生活場面の状況を話し合う事で、実生活に直結したリハビリを行えることにもやりがいを感じています。
そして利用者様が実生活で出来る動作が増えてくると、日常生活を楽しめるようになり、笑顔も増えていくことに何よりもやりがいを感じています。

今後の目標をお聞かせください。

私は「ひびき」で働くようになってから、2人目の子どもを妊娠・出産し、1年間の出産・育児休暇を経て復職させていただきました。
また私以外にも同じように復職されているパート社員が他にもいます。パート社員という勤務形態のまま、このような長期の休暇を取得できる職場は、現実にはほとんどないように思います。このことは仕事と育児を両立していきたいと考える私に大きなサポートとなっています。
今後は利用者様とご家族の精神的・身体的な負担を軽減し、利用者様が日常生活をより楽しめるように、さらに理学療法士としてのスキルアップを続けていきたいと思います。。

志望動機・入社のきっかけ

志望動機としては、自宅から近くて夜勤のない介護職という簡単な動機でした。
面接にお伺いした時、先輩方が笑顔で仲良く、楽しそうに働かれている姿を見て、ここなら頑張れそうだと思いました。
面接後、声をかけていただいたのも、印象が良く、ひびきで働けたらいいなと思いました。

仕事でのやりがいを教えてください

デイサービスの経験も少なく、何も分からない状態でのスタートでしたが、先輩方に丁寧な指導を頂き、施設とは違う利用者や家族との関わり方、介護やリハビリのやり方を学んでいきました。先輩方には、優しく、時には厳しく指導やフォローをしてもらい、苦手だった軽体操やレクレーションも得意になりました。
また、スキルアップのための研修を紹介していただき、受講の為に勤務も考慮していただくことで、自分自身も向上する事ができる職場だと思います。
学んだことを他の職員に伝達することで、自分自身でも理解が深まり、実践することで利用者様やご家族様が笑顔で負担の少ない在宅生活が送れるお手伝いが出来たとき、「ひびき」で働いていて良かったと思います。

今後の目標をお聞かせください。

デイサービスや訪問介護、同じようで全く違う部署を経験させていただくことで、介護の仕事をより多くの視点で理解することできています。
今後は、自分自身が学んだことを活かし、先輩方の指導を受けて、よりたくさんの方々と関わっていければと思います。
そして、「ひびき」は老人介護のみではなく、障害福祉にも関わっている会社なので、障害福祉の分野へのスキルアップも目指していきたいです。
頑張ることを応援してくれる会社なので、期待に添えるように働きたいと思っています。

志望動機・入社のきっかけ

私がケアマネージャーの資格を取って、転職を考えた時に重視したのは、その会社の指導体制でした。
今まで介護福祉士として介護現場の経験しかなく、ケアマネージャーが具体的にどう仕事を進めていくのか、分からなかったからです。
その点「ひびき」は複数のケアマネージャーが在籍しており、未経験の私でも主任ケアマネージャーから3か月間ほどマンツーマンで指導をして頂きました。
また先輩方はそれぞれの職歴から得意分野があり、様々な視点から指導して頂けたことも良かった点です。

仕事でのやりがいを教えてください

担当をしている利用者様に「ありがとう」と言われた時、利用者様をお見送りした時に、ご家族から「あなたが担当で良かった」と言われた時は、言葉に出来ないやりがいを感じます。
ケアマネージャーとして出来る事には限りがあるし、各専門職には専門知識で及びませんが、そういった言葉を頂いた時は「もっと頑張ろう」「一生懸命仕事をして良かった」と感じます。

今後の目標をお聞かせください。

今年で5年目になり、最初は何が何か分からない中で一生懸命仕事をしてきました。
振り返ると上司や先輩、同僚の皆さんにいろんな指導やアドバイスを受けながら支えられてきた事を感じます。
今後は自分がその先輩となり、後輩となる方たちに同様な指導やアドバイスができる人材になりたいと思います。
また担当させて頂いた利用者様やご家族、サービス事業所、その他の関係者の方々にも頼りがいを感じて頂けるような存在になりたいと思います。